競技について

カーリング精神/ゲームの流れ

【カーリング精神】

(日本カーリング協会競技規則より)


カーリングは技術と伝統のゲームです。


技を尽くして決められたショットは見る喜びです。

また、ゲームの神髄に通じるカーリングの古くからの伝統を見守るのは素晴らしいことです。


カーラーは勝つためにプレーしますが、決して相手を見くだしたりしません。

真のカーラーは相手の気を散らしたり、

相手がベストを尽くそうとするのを決して妨げたりしません。

不当に勝つのであればむしろ負けを選びます。


カーラーは、ゲームの規則を破ったり、その伝統を決して軽視したりしません。

不注意にもこれが行われていると気がついた場合、その違反を真っ先に申し出ます。


カーリングゲームの主な目的が、競技者の技術の粋を競うことである一方、

ゲームの精神は立派なスポーツマンシップ、

思いやりの気持ち、そして尊敬すべき行為を求めています。


この精神は、アイスに乗っているいないに関わらず、

ゲームの規則の解釈や適用に生かされるだけでなく、

全ての参加者の振る舞いにも生かされるべきものです。




【ゲームの流れ】


男女混成の最大 5 名の選手でチームが構成されますが、

氷上でのプレーの際は、必ず男女混合の 4 名で行います。


投球は、「リード」「セカンド」「サード」「フォース」の順番に行い、

そのうちの特定の 1名が「スキップ」と呼ばれ、

投球側と反対のハウス側で石を投げ入れる場所を指示します。


スキップが投球する際は、他の 3 名のうち

「バイスキップ(バイス)」と呼ばれる役割の選手と交代します。


ストーンと呼ばれるハンドルの付いた石を、ホッグラインの手前からハウスに向かって、

デリバリースティックと言う道具を使って投げ入れます。


先攻のチームから、1 エンドにつき一人あたり 2 つのストーンを交互に 1 投ずつ投げます。


投げ手は、スキップの指示通りに、ストーンが届くように投げる方向と強さを調整し、

回転をかけながらストーンを投げます。

(※スウィープという、氷上を掃く行為は禁止されています。)


各チーム 8 個のストーン(計 16 個のストーン)を全て投げ終えると、1 エンド終了となり、

得点を数えます。

ティーに、より近くにストーンを寄せたチームに得点が入り、

相手のストーンより内側にあるストーンの合計数が得点となります。


なお、どちらのストーンがボタンから近いのかが分からない場合は、

メジャーを使って計測します。


これを 8 エンド行い、合計点の多いほうが勝利します。